主婦が決意「絶対に痩せるの!」

旦那がダイエットをはじめたのは、半年ほど前のことでした。90kg近かった体重からどれくらい痩せられるものか、正直あまり期待していなかったものの、ジョギングしたり筋トレしたり、プールにも通い出して随分とがんばっていました。私もカロリーを気にした食事を心がけて、旦那のサポートしました。そしたら驚き、半年で約8kgも痩せたんです。

その結果に私は驚きで、旦那は誇らしげ。まあ、誇らしげになるのは良いんですけどね、それがちょっと度が過ぎてまして、私としてはそれが鼻について仕方が無いわけで(苦笑)。私が過去にダイエットに失敗したことを棚に上げて自慢をしているかのようでムカッときちゃったんですよね!

そりゃあ嬉しいでしょうよ。これまで散々体重を理由に不健康だの生活がなってないだのと私も指摘していましたから。職場でもさぞウケが良くなったんでしょうよっ。でも、だからって私を茶化すようなことをするのには我慢の限界!

少しは感謝をしてもらいたいもの!

「お前もダイエットしてみれば良いんじゃないか?」

笑って言ったんですよ! まぁ、その程度のからかいは初めてじゃないし、日頃から何かと言われてることなので「はいはい」って済ませられもしたんですけど、如何せんダイエットに成功して有頂天だったのがそう簡単に受け流せはしませんでした。

よくよく考えてみれば、そのダイエット成功のサポートをした人に言うことですかって。私なりにカロリーの低いダイエット料理を探したり、低カロリーだからといって口に合わなくならないように工夫したりと、随分心を配ったっていうのに! 感謝の気持ちは確かに何度か受け取りましたけど、それを帳消しにするほどの屈辱!

「ごめんごめん! 冗談だって」

なんて言われたところで、私の腹の虫は簡単には収まりません。いくらデリカシーな旦那だからって言って良い悪いの違いくらい分かってもらいたいもの!

まさか旦那のダイエット成功がこんなにも苛立たしく思ってしまうとは、思いも寄りませんでしたよ。……いえ、ある程度は予感していたかも。というのも私は過去にダイエットに失敗しているんです。それも1度ならず2度、3度…… とにかく何度も(苦笑)。そういう過去があるので、どこかダイエットに成功した旦那が羨ましくて仕方が無かったんですよね。